手間暇かけたグラインドレザー

COLUMN

”独自性”を持つことに一貫したポリシーを掲げるレザーブランドaniary。1997年の旗揚げ以降、オリジナルの革を生み出し続け、純国産のものづくりに徹底するその姿勢は他に類を見ません。リリースされた数あるレザーの中でも、特に手間暇かけて作られた『グラインドレザー』を手にすれば、その熱量を感じていただけるはず。

まるで履き潰したデニムのような色落ち感

ナチュラルに経年変化したかのように”見せる”シリーズ「グラインドレザー」。染色工程を施してから、シボが出やすくなるよう真空乾燥させた後、回転ドラムに入れて自然なシボを出します。一般的なシュリンクレザーはここで工程を終えますが、「グラインドレザー」はさらに一歩その上をいきます。できたシボの山のみを手作業により削り取るのです。その一手間によって、陰影のある独特な色味のシュリンクレザーに。また、見た目以上に軽く仕上げるために極限まで革を薄く漉いているところがaniaryの真骨頂。

ワイルドな革をエレガントに持つ

数あるアイテムの中でも使いやすいと評判のトートを柔らかくアップデート。中仕切り付き3室構造のおかげで、バラバラになってしまう書類や小物類も自然に苦なく整理できます。特に注目すべき点は、正面端に設けられた多目的ポケット。suicaやカードケースを入れておけばとっさの動作もスタイリッシュに。

aniary推奨 “着るように持つ” ボディバッグ

aniaryの数あるアイテムの中で人気を博しているボディバッグ。その中でも、“着るように持てる” 新感覚のボディバッグが登場しました。トップの端から端をアーチ形状にすることで、バッグが体に抱きついてくれるのです。そして、天辺から少し下に配置したメインポケットの使いやすさが抜群で、計算し尽くされたデザインであることを機能性が示してくれます。


ありそうでなかった革命的な2wayクラッチバッグ

「長時間持ちづらいこと」と「荷物が増えたときに困ってしまう」というのがクラッチバッグ特有の弱点。
aniaryは、その弱点に真摯に向き合うことで、手持ち革命な2wayクラッチバッグを完成させたのです。
小さめのハンドルとバッグを取り巻くハンドル、このダブルハンドル仕様で持ちづらさをクリア。
さらに、折り畳み部分を開けば、倍の面積となるA4クラッチに進化、これで荷物の問題もクリア。
用途を拡張することで弱点を見事に解決した、aniaryのお家芸最新型クラッチバッグです。

Instagram

PICK UP BRAND


POLICY & GUARANTEE

営業日カレンダー土・日・祝日も休まず営業・即日出荷!

Calendar Loading
Calendar Loading
印の日は休業日となります。
インターネットでのご注文、お問い合わせは24時間年中無休で受付けておりますが、
下記の業務に関しましては、休業日明けに順次ご対応させていただきます。
・商品の出荷業務
・メール返信業務
・電話対応業務
© 2016 GALLERIA NISM Inc. ALL RIGHTS RESERVED.