とことん小さい極小ウォレット

COLUMN

電子マネー化の普及が進んだ昨今のキャッシュレス・スタイルに合わせた、ちょっとした支払い専用の極小ウォレット。とことん小さく持ち歩きに邪魔にならない。そして紙幣や硬貨が十分に入りカードも入る大きさでカードサイズより小さな財布が完成しました。

メーカーには無いモノを作る

汎用という言葉が相応しいありふれた製品ばかりが溢れている世の中であるからこそ、少し奇抜な発想と特化したデザインではあるけれど、手にする人々が確かな利便性を感じていただける価値のあるモノを作る。そんな思いを込めて作り上げられた第1作目がこちらのTINYというお財布です。本当に小さく、はじめて手に取ったときにはキーケースかと思ってしまうほどのサイズ感でした。今までにないデザインを世に送り出す、それまでにはさまざまな紆余曲折があっただろうなと、新しい試みの背景にまで思いを巡らせてしまうお財布です。

小さいけれど実力派

紙幣は2つ折りで収納できる、小銭は取り出しやすく999円が入る、ポイントカードが入るスペースの確保、会計時にスムーズな支払いが可能な動線を意識する、などが開発時のポイントに挙げられているように、小さくても毎日の使用に不便がなく、むしろ便利にしっかりと使えることを重要視しています。デザインはかっこいいけど使いにくいものや、奇抜さだけが際立ってしまうものって案外たくさんありますが、こうやってしっかりと日常に根付くようにデザインされたものは、ただただキレイとかカッコいいで終わらない気がしてなんだか応援したくなってしまいます。

日本の繊細で卓越した技術を駆使

使われる人を想いながら機能を追及し、日本の技術を生かしたもの作り。まっすぐに縫われた美しい縫い目から、ひとつひとつ丁寧にものを作っている姿勢が伝わってきます。やっぱり丁寧に作られたものは、大切に優しく扱おうという気持ちが大きくなりますね。日本には、金継ぎなどにみられるように、壊れたものも美しく修繕をして長く使っていこうという文化がありますが、心をこめて作られた製品を見るとそうやって一つのものを大切に永く使っていく気持ちを改めて思いおこさせてくれます。すっきりとシンプルに仕上げられたお財布を、ぜひ手に取ってみてください。

Instagram