• TOP >
  • コラムTOP >
  • 無駄を減らし、楽しむための“SUSAN BIJL”

無駄を減らし、楽しむための“SUSAN BIJL”

COLUMN

オランダ人デザイナースーザン・ベルが2003年に立ち上げたエコバッグブランド“SUSAN BIJL/スーザンベル”。お馴染みのビニール袋のデザインからインスピレーションを受け革新的なものを作ろうとした結果、「The New Shoppingbag」が生まれました。

Forever?Untitled?

「The New Shoppingbag」には「Forever」シリーズと「Untitled」シリーズがあります。「Forever」はブラック、ネイビー、ブルーなどベーシックカラーを使った定番シリーズ、「Untitled」は2019年コレクションカラーのシリーズです。毎年違うラインナップが発表されるコレクションカラーにはテーマやストーリーがあり2019年はスーザンが素晴らしい絵画の数々からインスピレーションを受けたアートに捧げる、活気に満ちた抽象的なオマージュをカラー配色に落とし込んでいます。バリエーションが豊富でどの色にしようか迷ってしまいますね。普段のバッグはベーシックカラーを選びがちな私ですが、エコバッグは一番カラフルな色を選びたいです。

Less is more

オランダデザインの哲学である「Less is more=少ないほど豊かである」を体現しているSUSAN BIJLのショッピングバッグはファッション愛好家やデザイナーの間で広まり、現在に至るまで世界中の多くのファンに愛用されています。無駄のないデザインはシンプルで機能的。長持ちで軽く、サステナブル。リップストップと呼ばれるナイロンを用い、丈夫な縫製で仕上げ撥水加工を施すことで、とても軽く耐久性も抜群です。無駄を減らしたプロダクトを作り、人生をもっとカラフルにしたい、長く使えて最終的に笑顔を作るというのがブランドの目的です。

エコで人に優しい

来年のレジ袋有料化に向けて、エコバッグ需要も高まっています。スーパーではすでに対策をされている所もあり、マイバッグを持っている方も多く目にしますね。エコバッグを持っていることでビニール袋のゴミが減り環境に優しく、節約になり、見た目もかわいい、など良いことしかありません♪製造工程でも有害な物質がでることのない、安全で自然に優しいことを基準としているところもSUSAN BIJLの素晴らしさです。そして汚れたら洗えるというところも大事なポイント。何年も使い続けられるところもエコです!

サイズ別おすすめの使い方

スーパーのショッピングバッグとしての用途ならMサイズがちょうどいいと思います。野菜、果物、肉、牛乳などたくさん入れて重くなっても大丈夫!また、旅行のサブバッグとしてもおすすめです。帰りはお土産増えちゃいますからね。非常に軽くコンパクトに折り畳むことができるためバッグの中に入れておいても邪魔になりません。一度に大量に買いますって方はLサイズですね。大きめの野菜もたっぷり入るから、食材いっぱい買ってお料理も楽しみましょう。ヨガマットなども入っちゃうので、ジム用のバッグとしての使い方も良さそうです。Sサイズは毎日のお弁当袋としての使い方がかわいいと思います。普段使うバッグのサブバッグ的な使い方が便利ですね。などなど、カラフルなバリエーションで軽くて携帯にも便利なスーザンベルを様々なシーンでご活用ください。

元気をもらえるカラーでカラフルに、楽しい一日が始まる“SUSAN BIJL”。一際目立ってエコなお洒落を楽しんでみましょう!

この記事を書いた人
福田 バイヤー
趣味は旅行とパン屋さん巡り。
国内外問わずさまざまな場所を訪ねます。

Instagram